事前に介護の技術を学び超高齢化社会対策を

日本は超高齢化社会に向かっているため医療費の問題や福祉関係の人材確保を早急に行うことが必要となっています。

また身近なところでは自分の家族や親族に対する世話という事柄も時と共に必ず生じる問題です。
自分の身近なところで福祉の世話を必要とする状況になった際、自分自身が世話を行う必要も生じ得ます。
介助を伴う世話や福祉に関する詳しい技術は義務教育では詳しく教えていないため、こうした状況に陥った時に初めは戸惑うことがあるものです。
そのため福祉に関する技術を前もって身につけることは自分にとっても他の人にとっても益となることから、早めに福祉関係の勉強を行い、資格を取っておくことが有益です。

福祉関係の資格の中で基本となるのは介護職員初任者研修です。

130時間の研修を受講して修了試験に合格することで取得が可能です。

以前この資格はホームヘルパー2級と呼ばれていました。
一例として介護を行う際、寝ている人を起きあがらせる、あるいは座っている人を車椅子に乗せるという作業も、基本的な介助技術を理解していなければお互いが怪我をしたり辛い状況になってしまうことがありますが、正しい知識と技術を持って介助するならお互いスムーズに行うことが出来やすくなります。
自分の身内の介助を行う際に初任者研修を受講し修了しているならその知識は大いに役立ちます。
さらに仕事の面においても福祉関係の業種は人材不足が叫ばれているため有資格者は転職の際にも有利に働きます。
初任者研修の後に実務経験を積み、さらに実務者研修を修了する事で、国家資格の介護福祉士やケアマネージャーの受験資格も得られます。
福祉関連の知識を得る事は今後益々重要となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です